うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

「私の息子はあなたと同じ41歳。映画監督を目指していた」

butaiaisatsu.jpg


先週月曜日のシネスイッチ銀座での「ママさんタイム」は、
僕もベビーカー運びなどのお手伝いに行き、
上映終了後には舞台挨拶もさせていただきました。

来ていただいた皆さま、ありがとうございました!


僕は大抵、舞台挨拶終了後は出口付近に立って、
皆さまをお見送りさせていただくのですが、
その時にありがたい事にたくさんの方に嬉しいお声がけをいただきます。

「とっても良かった!」

「たくさんの人にすすめるわ!」

その一つ一つが僕の生きるエネルギーになります。


場合によってはたくさんの方が並ばれて、
写真撮影をしたりもするんですが、

この日は少し離れたところから、
話しかけようかどうしようかと迷われている様子の、
50〜60台の女性がいらっしゃいました。

待ってくださっているのを申し訳ないと思いつつ、
どうしようかなと思っていたら、
しばらくして、お声をかけてくださいました。

目に涙をためながら。

「私の息子はあなたと同じ41歳」


「お! そうですか!」


「でも、4年前に亡くなったの」


「。。。」


「ずっと映画監督になりたいと言って頑張ってたんだけどね。。。

あなたの事は今まで知らなかったけれど、
何だかとてもご縁を感じるから、

あなたの事を"息子"だと思ってこれから応援するわね」

声を失って、しばらく何も言えませんでした。


「41歳で亡くなった」とは言わず、

「41歳なの」

「でも亡くなったの」

と、最初は現在形、そして過去形でおっしゃっていた事に、
今も息子さんを近くに感じているように思われるお母さまの愛情と苦悩、
そして僕への深いメッセージを感じました。

赤の他人で今日初めて会った僕を「息子」と呼んでくださるのは、

すごく重い物を感じると同時に、
光栄な気持ちもあるし、責任も感じます。


( 何で俺なんかに。。。)


と思ったけれど、


「がんばります」


とだけ何とか言えました。

僕は映画を作り始めてから、
本当にたくさんの人たちに支えていただいていると感じています。


でもヘンな話、

それは「人」だけじゃなくって、
目に見えない何か、宇宙、守護霊などなど、

言葉で説明すると誤解を与えるようなエネルギーに守られている感覚を感じる時もあるんです。

今回は割愛しますが、「奇跡」としか呼べない展開を何度も経験しています。


本作『うまれる ずっと、いっしょ。』を作り始めたのは4年前。

その息子さんが亡くなられた時と同じなので、
もしかしたら、僕が知らないところで一緒に映画を作っていたのかもしれないなぁ。。。

監督・父
豪田トモ


家族の絆を見つめる映画『うまれる ずっと、いっしょ。』
(ナレーション: 樹木希林)は、現在、全国の映画館で上映中です!!
http://www.umareru.jp/schedule/

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ