うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

「がん」とは何者?

7231_01.jpg
※ 「がんサポート」さまより

 
つんく♂さんの喉頭がんについて」2: 「がん」とは何者?


● 「腫瘍(しゅよう)」と「がん」って違うの?
 
 
身体の中の悪い細胞を総称して「腫瘍」もしくは「がん」と言うのかと、
数年前まで僕自身、勘違いしていましたが、
 
 
「腫瘍(しゅよう)」と「がん」とは、若干異なる物です。
 
 
「腫瘍」というのは基本的には「おでき」の事で、
 
 
・特に問題のないもの (良性腫瘍)
・かなり良くないもの (悪性腫瘍)
 
 
に分類され、
 
 
「かなり良くないもの(悪性腫瘍)」が「がん」と呼ばれているものです。
 
 
 
● 「がん」とは何者?
 
 
 
「がん」とは一体、何者なのでしょう?
 
一体、どこからやってくるのでしょう?
 
 
答えは、
 
=====================================
「がん」は自分の身体の一部であり、
自分が生み出したもの
=====================================
 
という事になります。
肝臓、胃、子宮など一部を除き、
 
============================================================
ほとんどの「がん」はウイルスなどで感染して突然現れるのではなく、
自分の細胞の一部が何らかの原因で良くない状態になって
「がん」化し、それがだいたい10-20年くらいかけて、
少しずつ仲間を増やし、勢力を拡大していく
============================================================
 
という事のようなのです。
 
つまり、
 
 
===============================================
「がん」は発覚した時に突然できたのではなく、
身体の中でずっと育ってきた
===============================================
 
 
のです。
それが
 
 
===================================================
医学的に「がん」であると診断されるのは、
がん細胞が現在の技術で、"科学的に"見えるようになる
「約10億個」「約1cm」くらいの量、大きさになった時
===================================================
 
 
なのです。
 
怖い話ですね。
でも大事なので続けます。
 
 
 
● 「がん」は積もり積もった遺伝子のコピーエラー
 
 
 
人間は約60兆もの細胞で出来ている、
というのは皆さんもご存知かと思いますが、
 
身体の中の細胞は、
常に変化、成長、新陳代謝を繰り替えてしており、
 
皮膚は約1ヶ月、
脳や肝臓、腎臓は約1年、
骨さえも数年で(年齢で大きく異なります)
 
すべて入れ替わるとも言われています。
 
 
ただし、
完全に入れ替わってしまうと、
それこそ、顔も身体の形も声も性格も何から何まで変わってしまいますので、
 
 
===================================
新しい細胞が生まれる時は、必ず、
前の遺伝子情報をコピーします。
===================================
 
 
赤ちゃんが親の遺伝子をある程度受け継ぐのと、同じシステムですね。
 
 
ほとんどの場合は問題なくコピーし続け、
細胞は新陳代謝を繰り返し、
 
人間として変化・成長していくわけですが、
 
 
===================================
ごく稀に遺伝子のコピー作業に失敗し、
エラーが起きてしまう時があります。
これが後に「悪性腫瘍(がん)」と呼ばれる
ものの「卵」に
===================================
 
 
なります。
 
たとえエラーが起きても、
ある程度、人間は自分で修正する力があるので問題ないのですが
 
(実際、人間の身体の中では毎日、何千回もエラーが起きていると言われますが、
その都度、身体が修正しています)、
 
 
何らかの影響で、
 
その「違法コピー」を削除しきれず、
 
間違った細胞がどんどん、どんどん増えていってしまう場合がある
 
 
のです。
 
 
 
例えて言うなら、
 
オフィスでコピーをしていた時に、
なぜか間違った内容でコピーされ、
 
しかもそれがストップボタンを押しても止まらず、
部屋中に紙が溢れてしまう、、、というような状態です。
 
自分もオフィスから出る事が出来ず、
でも息も出来ないくらい紙が増え続けたら、、、
 
 
 
どうなるでしょう???
 
 
 
次は「がん」はなぜ身体に悪いのか、について解説させていただきます。

http://www.umareru.jp/blog/2014/03/post-1241.html


☆ 今回の「がん」に関する一連ブログはこちら

つんく♂さんの喉頭がんについて
「がん」とは何者?
「がん」はなぜ身体に悪いのか?
がんの「ステージ」って何?
がんの主要な3つの治療法
がん闘病で大切な事: 予防と早期発見、そして向き合う事
「がん」と「こころ」
がん患者さんに対して私たちに出来る事


< 医療監修: 長尾和宏先生(長尾クリニック・院長、日本尊厳死協会・副理事長、東京医科大学客員教授) >
http://www.nagaoclinic.or.jp/


映画『うまれる』監督
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ