うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

親ばか日誌: 愛情の充電

IMG_7702.jpg


最近、2歳8ヶ月の娘の詩草(しぐさ)の様子がちょっとおかしい


んです。

お友達が大好きな娘は、
ちょっと前までは大喜びで保育園に行っていたのですが、


ここ1ヶ月ほどはあんまり行きたがらない


んです。

朝の別れ際には、
通いたての頃のように大泣きする事が多くなり、
僕らも心配になってきました。


他の親御さんに聞くと、
行きたがったり、行きたがらなかったり、
と波のあるお子さんも結構いるようですが、
別に保育園を嫌がっている様子はなく。。。

保育園の先生に相談してみたら

「お父さんが帰られた後は楽しくやってますよ」
「そういう時もありますからあまり気になさらず」

という事だったので、「そんなものかなぁ」と思っていたんですが、


心配が確信になったのが、
保育参観した時


です。

IMG_8067.jpg


保育園での様子を妻と一緒に午前中いっぱい見ていたら
(なぜか当保育園は変装しなきゃいけない、笑)、


家にいる時とは違って、

ぼんやりしていたり、
つまらなそうにしていたり、、、。

もちろん、嬉しそうに
はしゃいでいる時もあるんですが、

一年前に保育参観した時とは
何だか違う感じがしたんです。


これは論理的というよりも、感覚的なもので、
「何か違うなぁ」という感じ。


他のお子さんも同じような感じだったので、
気にするものでもないのかもしれないのですが、

娘の幸せを願うチーム・リーダーとしては(笑)、
細かな変化に気づいて行きたい。


妻と色々話した結論は、


【もしかしたら愛情不足かも?という仮説】


でした。


よくよく考えてみたら、
娘の2歳児のクラスにいる保育士さんの数は、
11人の子どもに対して、2人。


一年前は10人の子どもに対して3人だったので、

保育士さんに、娘の相手をしていただける時間は
昨年に比べて【約40%減】

となっているんですね。

もちろん、
保育士さんたちは、とってもよくしてくれているのですが、

子ども同士だけで遊ぶにはまだまだ幼いですし、

たくさん話を聞いてもらいたい、
できるようになったことを見てもらいたい、
という要求がとっても大きくなっている時期。。。。

少し、欲求不満がたまっているのかなぁという気もしているのです。


保育士さんの人数は法律で決まっていますし、
割り当て数が減るという事は
子どもがそれだけ成長しているという事でもあると思うのですが、

子どもは法律通りに愛情を受け取るわけではないですし、


家庭内でこれ以上ないほど愛情を受け取っている娘にとっては、
内と外との愛情ギャップが大きく感じられ、
居心地の悪さを感じてしまっているのかなぁとか、、、

色々な事を考えます。

そもそも、2歳8ヶ月の子どもは、
もっともっと愛情が欲しいんだろうなぁと思いますし、

じゃあ保育園に預けるなって話なのですが(笑)、

僕らは夫婦で作品作りをしているので、
やっぱりそれは難しいんです。

保育園に預けてなかったらなかったら、
それはそれでまた別の課題があるのだろうとも思いますし。。。


色々と考えた挙げ句、


・週に一回、保育園を休む平日を作る。

・たくさん夏休みを取る。


という事に取り組んでみようという事になりました。


午前は妻、午後は僕、という感じで、
交代で休みを取る日を一日増やし、

いっぺんに2週間、とかは難しいんですが、
細かな休みをたくさん取る事で、

娘に【愛情の充電】をしてもらおうという事にしました。

IMG_0510.jpg


またまた作品の完成が遅くなりそうですが
(笑、現状、予定より半年以上遅れています)、


【子育ては「貯め撮り」が出来ない】


ので、
こういう一つ一つの細かなメッセージに向き合って行くという事が
大切なのかなぁという気もします。


またご報告します☆

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3627

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ