うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

【取材】「嫌な日はとても多かったがいらん日は1日もなかった」

IMG_5504.jpg
※ ビハーラ僧の山本さんと。

京都の仏教的終末医療施設「あそかビハーラ・クリニック」の
ビハーラ僧・山本さんにちょっとイイお話をお聞きました。

一緒に庭のトマトをもぎながら、元経営者の男性と話をしていた時の事だそうです。

「80年の人生、いかがでした?」

と山本さんがお聞きすると、

「嫌な日はとても多かった」

「大変な苦労もした」

と吐き捨てるように。

しかしその後、一呼吸を置いた後、こう語ったそうです。


「でもな、


いらん日は1日もなかった。


1日も。


出逢ったすべての人に育ててもろうた」

その後、この男性は安らかな最後を迎えられました。

「患者さんからいつも勉強させてもろうてます」

と語る僧侶の山本さん。

患者さんの旅立ちに寄り添う事で、
人生の英知を日々、授かっているようです。


山本さんの名刺の裏には


================================
「悲しみは悲しみを知る悲しみに救われ、
涙は涙にそそがれる涙にたすけられる」
================================


と、金子大栄氏(1881-1976)が著された『歎異抄領解』にある言葉が書かれています。

山本さんのお人柄と仕事にかける想いが伝わります。


「あそかビハーラ・クリニック」公式サイト


※ あそかビハーラ・クリニックに関するブログ

【取材】日本的な終末期施設を目指す、あそかビハーラ・クリニック

【取材】医療者と宗教者がコラボする日

【取材】ビハーラ僧による日本的終末期施設の「美意識」

【取材】「嫌な日はとても多かったがいらん日は1日もなかった」

【取材】「死ぬ姿を見せるのは、親が出来る最後の子育て」


監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3322

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ