うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

カナダの出産事情5: 男性の立ち会いは義務?

DSC03122.jpeg

バンクーバーに行った時に男性の友人たちに聞きましたが、
あちらでは【出産時の立ち会いは「義務」】だそうです。

僕の友人で父親になったのは、まだ数人しかいませんが、
全員、立ち会っていました。


チャドは父親との関係がうまくいってなかった事もあって、
また、妊娠中は全く実感が湧かなかった事もあって、
僕と同じように親になる事に特大の不安を持っていましたが、

産まれたての我が子を見た瞬間に


「パパ・スイッチ」がオ〜ン!


になったそうです。
※ 冒頭の写真はチャドの息子・クリスが産まれた2分後のものです。


立ち会わなくても子育ては十分できると思いますが、
実感の湧きにくい男性にとって、立ち会いは大切な選択肢なのかもしれません。

IMG_5824a.jpg

ただ、

===========================
カナダの男性が100年前から皆、
出産に立ち会っていたかと言うと
そうではなく、ここ20-30年の事
===========================

だそうです
(ウーマン・リブの影響ですね)。

なぜ、そうなったかと言うと、


「奥さんが怖いから(笑)」。


女性側が「なぜ立ち会ってもらわないといけないのか」
という事を明確に主張し続けた結果、
現在の

【男の出産立ち会いは社会の常識】


になったのだそうです。
「立ち会わなかったらどうなるの?」と聞くと、皆、


「めちゃ怒られる」

「呆れられる」

「離婚される」


と散々でした(笑)。

293048_10150951936920683_1333966546_n.jpeg
※ 友人のチャックは最近パパになりました。ちなみに、僕より年下です(笑)。

笑っていましたが、でも、友人たちは皆、こう感じていました。


「立ち会わせてくれてありがとう。

おかげで人生で最も大切な体験をさせてもらえたよ」


って。


男も女も、がんばっていきましょう☆

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3257

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ