うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

いざ、バンクーバー!

DSC01399.JPG
※ バンクーバー時代。たくさんの仲間に支えてもらっていました。


このブログをお読みいただく頃、
僕らはバンクーバーに到着しているかと思います。

6年ぶりの「帰国」はフィルムメーカーとしての自分の
「原点」に帰るような気分でもあります。


浪人生の頃に「映画監督になりたい!」と思い、
学生時代は独学で映画製作を学んだものの、

いざ就職活動の時期になって「映画監督のなりかた」が分からなくて
あっさりギブアップ。


失意のままコンピュータ会社に勤め始めたものの、
営業という自分の資質とは合わない業務と
数々のプレッシャーに襲われ、いわば、

適応障害(ウツ状態)になりました。


人生、一度きりだから、トライしてみよう!


と思えるようになり、貯金を始め、2002年、29歳の時に
単身、海を渡りました。

当時の奥さんとは離ればなれでしたが(後に離婚)、
【10年越しに夢を追いかけられる事にとても幸せ】を感じていました。

TOMO_S_WIKIED.jpg
※ バンクーバー時代。自前ではありません(笑)。


クラスメートは皆、20代前半で、僕だけ「おっさん」。

北米は映画先進国だけあってレベルも高く、
自分に十分な才能があるのかは最後まで分かりませんでしたが、

毎日がワクワクドキドキで、とにかく一生懸命でした。

いま思えば、

===============================
天才的才能のない自分を伸ばしてくれたのは、
熱意と行動力と周りのサポート
===============================

なのだろうと思います。

vfs.jpg
※ バンクーバー・フィルム・スクールの卒業式にて


自分より才能のある人は、正直、ゴマンといる。
それは自分でも認めます。

でも、当然のことながら、大切なのは、
生まれ持った才能だけでは成功は掴めません。

熱意を持って、
周りとつながりながら、
一生懸命、行動した事は、

僕の人生にとって、かけがえのない体験になりました。


=======================================
実現するかは分からないけれど、
夢を持つ事、そして追い求めて行動する事、
それだけでも意味がある
=======================================


ものなんだなぁと思いました。
おそらく、僕が自分の夢を実現できなかったとしても、
たくさんのものが自分の中に残ったはずです。

そんな「原点」と6年ぶりに向き合ってきます。


さて、バンクーバーではどんな出来事があるのでしょう〜?


監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3211

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ