うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

監督・豪田トモの講演会の感想

2012年2月11日に愛媛県松山市で約1時間半、映画『うまれる』の上映に伴う講演会を開催させていただきましたが、以下のような嬉しいご感想をたくさんいただきました☆

とっても嬉しいです!!

===============================================================


・監督の話し方がユーモラスで、楽しくトークを聞くことができました。映画制作のエピソードや考え方を聞くことができよかった。


・監督が親子関係に悩みを感じていたことが制作のきっかけになったということを知り、より映画の意義を深く感じました。


・夫婦関係で大切な3つのポイント(話を聞く、愛情表現をする、そばにいる)の話がためになりました。これは人間には必要不可欠であると常日頃から心にとめたいです。


・物事の考え方をアドバイス頂いたような気がします。前向きで明るい気持ちになりました。


・許せないと思うと許せないが、許そうと思えば前向きに変わってくる。自分の中で自分の過去は変えられるというのは興味深い考えだと思いました。


・すべてにおいて有意義なお話でした。


・監督が若いのでビックリしました。


・スマートな語りでとてもわかりやすくよかったです。


・テンポが良かったが、やはり男性が語る育児は言葉にするととても軽く聞こえる。男子3人の母をしている私にとって育児はすごく肉体労働だから。


・男性の父親になりづらさをもっと早く知りたかった。


・人間性を正直に吐露されていたところが良かった。


・映画の内容の裏話などが知れたことと、4組のカップルの今(その後)が知れて大変良かった。


・監督の人柄が伝わってくる、心に響く言葉にたくさん出会えた素敵な時間でした。


・監督自身も映画公開と同時に父親になられたと聞き、その縁も感じ、彼の男性側からの思いもよくわかった。


・監督の娘さんと奥さまは幸せだろうなと心底思えました。監督は思った通りのナイスガイでした。


・「今、一番伝えたかったことは『あなたはあなたで大丈夫』ということですかね」と監督がおっしゃったことに感動しています。きっとたくさん伝えたいことがあって、今日「今の瞬間」はこれだったという表現でしたが、感じ取れました。とにかく感動・感謝です。


・生きていることの原点を考えさせてくれるトークでとても良かった。感謝しています。


・想像をはるかにこえた精神性の深い話だった。


・大人になるまで親子間の愛情を感じられなかった寂しさやつらさから、今の豪田さんの人格となっている気がします。愛をいっぱい多くの人々に与えられる作品を作ってください。


・生かされた命、その役割についてのお話、ありがとうございました。


・このお話を特に男性に聞いてほしいなと思いました。


・トークを聴きに来て少し自分の中の辛さが和らいだ。これからの気持ちの切り替えにできそうです。ありがとう。


・豪田監督の生き様、映画制作の経緯、人としての大切なことに気付き、深く考えさせられる講演でした。


・監督の純粋な思いが伝わってきました。仕事を通して自己の成長も図っていく内容が興味深かったです。


・「うまれる」の制作にあたり、自分自身も成長したとおっしゃられたこと、深いことだと思いました。


・亡くなった両親に「生んでくれてありがとう」と一人娘に「生まれてくれてありがとう」と言うつもりです。それと69才で気付かせていただいて「ありがとう」と言いたいです。


・「生んでくれてありがとう」と伝える親はもういませんが、子どもたちには「私の宝」と言っていますので、加えて「生まれてくれてありがとう」と言おうと思います。

===============================================================

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3050

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ