うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

感動的な学生さんの感想

かなり感動しますので、
覚悟して読んでください。

============================================================

私の両親は離婚していて、今は祖母とおばと母と4人で暮らしています。
兄が2人いますが、2人とも自立していて、家を出ています。

私は、私の家は普通じゃないと思っています。

お父さんがいないことで、とても悲しく辛い思いをしてきました。
貧乏でなるべくお金のかからないようにしてきました。

私はこの家に生まれて不幸だと思いました。
周りのみんなは、学校のお金も、自動車学校のお金も、親のお金で車を買ってもらったり、家族で旅行に行ったり、楽しそうにごはんを食べたり。

私は奨学金で学校に行って、バイトで貯めたお金で免許とって、よく考えると、私は借金があるのと同じなんだと思いました。

友達が「お父さんどっかいかんやか」とか「お父さんいらんのやけど」とか言ってるのを聞いたら、本当に嫌な気持ちになるし、いらっとします。

お母さんの子どもに生まれたくなかったって何度も思ったし、死にたいとも思いました。

今日、映画『うまれる』を見て、親ってこんなに子どもを愛しているんだ、私は愛されているんだなと思いました。


おばは、私の両親が離婚してから母のことが心配で、大変だと思い、一緒に住んでくれました。
仕事もしてくれて、ご飯を作ってくれたりとか、育児にも協力してくれました。


おばは、結婚していなくて、子どももいません。

それは、きっと私たちのせいなんです。

私たちが、おばの、人生を変えてしまったんです。


今日の映画を見て、初めてわかりました。

きっと子どもが欲しかったはずなのに、私は、それを奪ってしまったんです。
おばは、父の事を悪く言う時があります。
私はそれを聞くととても嫌な気持ちになり、泣くこともありました。

でも、おばは私以上に辛かったのかもしれません。
辛いのは私だけじゃありませんでした。


私たちは、みんなそれぞれ辛くても、助けあって生きてきたんだと、初めて知ることができました。


私は、いつ死んでもいいと思っていました。

でも、今日、映画を見て、母は、とっても苦しくて、とっても痛くて、あの出産シーンのように、私を産んでくれたんだと思うと、自分の命を大切にしなくちゃと思いました。

産むということは、とても大変なことで、親たちは、子どもが生まれることを楽しみに待っていてくれていると、初めて知ることができました。

私が、この映画を見て思ったのは、
「お母さんの子どもで良かった」ということです。


============================================================

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2992

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ