うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

虎ちゃん一家と沖縄旅行: 虎ちゃんに残していること

IMG_1172.jpg

今回の沖縄旅行では、
虎父・虎母とたくさん、たくさんお話をしました。

お2人はいつも


「虎からたくさんの事を学ばせてもらっている」


とおっしゃいます。


人生に必要なこと、

幸せであること、

生きるということ。。。


僕も虎ちゃんに会う度に、いつもたくさんのメッセージをもらっている気がします。

今回の旅行では、「飛行機に乗って旅をする」という、
いままで「当たり前」だと思っていたことが、
「奇跡の連続の末の結果」であるという事を感じさせてくれました。


虎父と虎母は24時間、完全介護で虎ちゃんと接しているので、
彼からは本当にたくさんのメッセージをもらっているんだろうなぁと思います。


沖縄で一緒に車に乗っている時、フト、思いました。


「お2人が虎ちゃんに与えたこと・残したことって何だろう?」


虎父は

「何もない(笑)。」

と謙遜しましたが、

例えば、ファンタジーな話として、産まれる前に虎ちゃんが


【今度の人生はチャレンジングな18トリソミーになって、
人生が楽しめるかどうか試してみよう!】


と決めて産まれて来ていたとしたら?


そんな風に考えてみたら、
虎父・虎母が虎ちゃんに教えていることって本当にたくさんあります。


外を歩くこと
身体を動かすこと
人と接すること
抱っこしてもらうこと
木漏れ日を見ること
食べること
旅行に行くこと
飛行機に乗ること
海に入ること

そして、

笑うこと。


もしかしたら、
親御さんによっては、18トリソミーと診断された段階で、
産まれることを望まれない方々もいらっしゃるかもしれません。


もしかしたら、
出産時に虎母が帝王切開を選択していなかったら、
虎ちゃんは産まれて来なかったかもしれません。


もしかしたら、
退院は出来ても、外に出歩くことをあまり好まない
親御さんもいらっしゃるかもしれません。


でも、虎父・虎母は、
虎ちゃんの様子を見ながらも、
積極的に自分たちのフィールドに虎ちゃんを招き入れ、
本当にたくさんの事を見せ、そして経験させている。


おそらく、
お2人が虎ちゃんに残していることって
【人生の喜び】なんだと思います。


いつの日か、虎ちゃんが天に戻った時、
神さまにこう報告するでしょう。


「18トリソミーでも最高に楽しい人生だったよ!」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2812

コメント(1)

とらちゃん
飛行機お疲れさまでした。
感激ですよね。
子供はきっと大興奮ですよね。
本当に毎日生きていてくれて活できること当たり前のことが
感動ですよね。

子供に最近好き嫌いや食事を残したりすることがあると震災の話をします。
何も病気が無い状態で生まれるって本当に幸せですよね。
我が家にも3人の子供がいますが、アレルギーがあったり成長ホルモンの注射したり、いろいろありますがみんな励ましあいながら
子供のいろいろな事に感動しながら生活しているんだなぁーと思いました。

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ